平成12年12月の職業紹介事業制度改正で導入された「紹介予定派遣システム」は、社員採用を前提として、企業が一定期間派遣スタッフを受け入れ、企業とスタッフの「働いてほしい」「働きたい」という双方の希望が一致すれば、企業が直接雇用に切り替えるという新しい雇用システムです。

道新アクティは、平成16年11月に有料職業紹介事業の許可を取得し、「社員採用のミスマッチを防ぐ新しい仕組みの紹介予定派遣」を積極的に行っております。




派遣先企業は募集、採用コストは一切かからず、派遣採用時には事前面接、履歴書選考ができるようになりました。

スタッフは派遣先企業の社風、業務などが自分に向いているか、派遣先企業はスタッフの能力、資質、適性などを最長6ヵ月の派遣期間中に見極められます。

紹介予定派遣で働いた期間が試用期間と見なされるため、改めて試用期間が設定されることはありません。